防災不動産買い替え

家を買い替えるときに防災を気にする

 最近、家を買い替える際に防災を気にする人が増えています。
 でも、不動産業者さんは災害とかよく分からないでしょうし。

 

 では、防災の観点からは実際にどんな事を考えるべきなのか・・

 

行政の災害想定をチェックしておく

洪水の被害想定をチェックする

 最近では、行政がハザードマップを出しているので、これをチェックすることで、行政側が想定している災害を簡単にチェックすることができます。
 また、河川関係の災害も簡単にチェックすることができるので、川沿いや流域での洪水などが気になる人は要チェックです。
大阪市洪水関係ハザードマップ
 大阪って、行ったことがある人にはわかると思いますが、「こんな所にまで水が来ることが想定内なのね」と驚くことになるかもしれません。

地盤の揺れやすさをチェックをする

 地盤のチェックといっても、自分が買い替えようと思っている地域の揺れやすさマップを手に入れることで、自分が購入を検討している地域がどの程度の地震での揺れを想定されているのかが分かります。
福岡市揺れやすさマップ
 

土砂災害をチェック

 土砂災害も結構想定されていて、東京は平らなところというイメージもあると思いますが、それでも結構土砂災害を行政が想定しています。
 東京都の土砂災害マップ

 ※これらの災害は、万一起きても想定内の災害になりますので、自分が不動産を買い替えるときには自分が買い替える予定のハザードマップで色々と調べてみるとよいと思います。
 もちろん、昨今の地震のように、これらの想定を上回る災害が起きる可能性もありますので、不動産を買い替える際には慎重になりたいものです。
 また、ネットで公開されている各市区町村のハザードマップのポータルサイトが国交省にありますので、こちらもごさんこうにどうぞ
⇒国土交通省ポータルサイト「わがまちハザードマップ」

古地図をチェックする

 不動産を買い替える際、もう一つチェックしておきたいのが古地図。
 古地図があれば、自分が不動産を買い替えようと思ったときの過去の地面の状態が明らかになりますので、液状化などの判断材料にもなるかもしれません。
 過去沼や田んぼだったところとかが分かったり、かつては海だったところが埋め立てられたりして出来上がっているのがわかって便利です。
 古地図サイト

 

建物をチェックする

 建物をチェックするとはどのような事でしょうか。
 1981年(昭和56年)に耐震基準が大きく改正され、新耐震基準が誕生しました。
 つまり、1981年以前に建てられた建物は旧耐震基準で立てられているので、耐震性を考えたら新耐震基準で建てられた建物の方が丈夫と言えるでしょう。
 ただし、1981年以降に建てられた建物でも、旧耐震基準で建てられているものもあります。
 これは、新耐震基準の適用が1981年(昭和56年)6月1日のことで、この日以降に建築確認を受けた建物に対して新耐震基準を適用していて、それ以前に建築確認が取られている建物は旧耐震基準が適用されている可能性があるという事から、新耐震基準化旧耐震基準かが微妙な時期があるという事です。
 このため、大規模マンションなどの場合は特に注意が必要で、建築確認を受けたのが1981年6月以前でも、竣工が1982年以降のケースが考えられます。

 

 いずれにせよ、もしもマンションの購入を考えているのなら、新耐震基準のマンションの方がより安心感が増すと思います。

 また、最近では免震構造のマンションなども有りますので、揺れが気になる場合などはこうしたマンションを検討するのも良いでしょう。

 

 今持っている不動産を少しでも高く売りたいならスマイスターおススメです

 

 ※ここで書いていることは、対策の一部でしかありません。ご利用は自己責任でお願いいたします。