不動産の話

不動産売買の基本的な話

不動産業者の得意分野チェック

 

 


 大抵の仕事と同じですが、一言で不動産業者と言っても実はそれぞれの不動産業者さんによって得手不得手があったりします。
 不動産の取引は高額ですから、出来れば自分が売買する不動産に得意な人にやってもらいたいところです。
 これは、税理士などに仕事を依頼する場合、例えば相続問題とか、相続に詳しい税理士を探すのと同じことです。
 相続問題を何とかしようと思っているのに、法人税が得意な税理士に持って行く人も居ないと思います。
 どうせなら、相続問題の経験があって、詳しい人にお願いしたいと思うのではないでしょうっか。

 

 不動産業者の場合、結構扱える範囲が広く、賃貸物件の管理を主にやっていたり、建売の販売を主体にして企業活動をやっている所も有ります。あるいは、投資物件を専門に扱う業者もあります。
 なかには、倉庫物件の扱いが得意だったりする不動産業者もあるのです。

 

 もしも、貴方がマンションを売りたいと思ったら、中古マンションの仲介をしっかりやっている会社の方がより良い結果が出る可能性が高いと思います。
 新築マンションを買った経験がある人であれば、そのままお世話になった不動産業者さんにお願いする事も考えると思いますが、新築マンションを売るノウハウと、中古マンション売買の仲介ではやり方も違ってくるかもしれません。

 

 義理を大事にする人であれば、友人、知人に不動産業者がいればお願いする事になると思いますが、中古マンションの仲介について、経験があるのか。あるいは、得意としているかは聞いておきたいところです。

 

 要は、上手くいく確率がより高い所を選びたいという事なのですけれど。

 

 問題は、得意分野の見分け方なのですが、シンプルに考えてみました。
 まず、店頭やHPにある広告をチェック。
 一番目立つ所に掲示してある広告が収益物件だったらどうでしょう。
 あるいは建売の広告ばかりだったら・・?
 中古住宅の売買の仲介業務はどうなのでしょう?

 

 もちろん、営業マンの誠実さも大事ですが、企業としての得手不得手も考えてみると、より貴方の不動産売買の分野が得意な不動産業者が見つかる確率が高くなるかも。

 

契約する前の契約書を

 通常、契約書は介する不動産業者さんが作ってくれると思いますが、契約当日の前に契約書の原案を見せてもらった方が良いと思います。
 事前にPDFなどで送ってもらって、中身が分からなければ質問してみるのも良いと思います。
 やはり、不動産の取引は金額が大きいので、分からない事はきちんと質問して疑問点は解消しておきたいですね。

 

 契約書には難解な言葉が並んでいたりしますし、忙しい人には億劫な面もありますが、後々後悔する事が無いようにしましょう。
 不動産売買の契約をした人ならわかると思いますが、緊張しまくって、なかには押印の際に手が震えてしまう人もいたりしますので、やはり、事前の確認が宜しいかと。

 

 契約書にはあまりかかれていなかったりしますが、付帯設備の項目もしっかりと見ておきましょう。
 売る側からすると、あまり気にしていない付帯設備でも、買う側が当てにしていたものを取り外したり、売主が使っていなくて分からなかったものが買主が使って故障していたりすると、かなり面倒な事になるかもしれません。

 

 特に、今現在既に空き家になっている物件を売る場合は、動作確認は売る前にもう一度しておく必要があるかもしれません。
 やはり、引き渡す前に付帯設備の状況を確認して、引き渡すものを選び、こちらで処分、ないし引き取りものを選んでリスト化しておく事が大事かもしれません。
 こうした設備関係の状況と引き継ぎ事項を付帯設備の確認ということで、書面に残しておくと、後々安心です。

 

 また、季節的に全く使わずにいるものも、しっかりと確認しておきたいところです。
 床暖房など、修理するとなるとかなりのお金がかかったりしますが、これがどちらが負担するかでもめると厄介な事になるかもしれませんので、要注意です。
 引っ越してしまった後だと、家具をどかしての作業になってしまったりするので、そうなってしまうと、買主さんとの間で感情的なもつれなども出てくるかもしれません。

 

オプションの怪

 車を買う際とかオプションが気になります。
 同じように、住宅にもオプションが付く訳ですが、住宅展示場の住宅はオプションだらけだったりします。
 これはこれで仕方ない事ですが、マンションのキッチンなどもオプションだったりしますので、要注意。
 どこまでがオプションなのか聞いておかないと、既に出来ている中古マンションなら良いのですが、そうでない場合は聞かないと分かりません。
 「モデルルームで見たマンションの内装は殆どオプションだった」などという事も起こり得ますし、内覧会でいわゆる標準仕様の自分の部屋を見てはじめて「こんなに違うのか!」なんていう事も起こり得る訳です。
 ただ、内覧会の時点では手付を払ってしまっていたりする訳ですから、後戻りは出来ないのが一般的です。
 手間はかかっても、マンションのモデルルームを見て買おうと思ったら、どこまでがオプションか、このモデルルームは自分たちが買おうと思っている部屋と同じタイプなのか。もしも違っているのなら、どこがどのくらい違っているのか等々をしっかり確認しておきたいところです。
 また、モデルルームはその性格上壁厚や床の材質なども実際のマンションと違っていたりするので、十分確認しておきたいところです。 

 

 


※ここで述べている情報内容は正確さを保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。予めご了承ください。